「予算があるから」と、夢や希望まで削っていませんか?

設計者にデザインを押し付けられていませんか?

世界にたったひとつだけの、「自分たちらしい家」を、わたしたちと建てましょう。