weizz product ワイズプロダクト

資料請求・お問い合わせ

ZEH(ゼロエネルギーハウス)で暮らそう。

2014年4月の閣議決定による「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)を目指す」とする政策目標が設定されました。
当社においても、上記政策目標達成に向けた取り組みをスタートし、「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、2020年に向けて書き目標を設定しております。

2016年2017年2018年2019年2020年
目 標0%10%20%30%50%
実 績0%0%

ZEH化に必要な3つのこと

01高断熱化「エネルギーを極力必要としない住まい」

高断熱化

家全体の断熱性能を高めることで、エネルギーロスを最小限に抑えます。
外気温に左右されにくい「夏は涼しく、冬は暖かい」魔法瓶のような家は、冷暖房の効率も良く、光熱費が抑えられるというメリットがあります。
さらに部屋ごとでの気温差も少なくなるため、浴室やトイレにおけるヒートショックのリスク軽減にもなります。

02省エネ 設備の効率化で「エネルギーを上手に使う住まい」

省エネ 設備の効率化

家庭での消費電力を抑えるために、エアコンや照明機器・給湯器は省エネ効率の高い設備にすることで、快適性を保ちながら、日々の暮らしで賢く省エネに。
さらに、HEMS*の導入で消費電力を「見える化」。節電意識も高まり、家族で楽しく省エネすることができます。

※HEMS(ヘムス): Home Energy Management Systemの略。家電屋電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています。

03創エネ 太陽光パネルで「エネルギーをつくる家」

創エネ 太陽光パネルで「エネルギーをつくる家」

ゼロエネルギーの実現のためには、太陽光パネルなどの発電システムにより、消費電力よりも多くの電力を創り出す必要があります。
余った電気は売電することができるため、プラス収支を実現することも可能に。
自宅で電気をつくることができるため、万が一、停電が発生しても電気を使うことができ、災害の備えとしても安心です。