vol.11神奈川県横浜市 I邸

細かいことの積み重ねが
あるからこそ、ワイズさんの
施工例を見たときに私たちは
惹きつけられたんだと思います

秦野市 K邸

Q1:家を持とうと思ったきっかけと、ワイズで家づくりをすることになった経緯を教えてください。ご主人:子供が生まれて家を建てようと思ったのがきっかけですが、家をゼロから作ろうとは思っていませんでした。なのでまずは不動産屋さんに紹介してもらって建売りの家をたくさん見に行くところから始めました。5ヶ月くらい毎週3,4件は建売りの家を見に行ってたんですが、どうしても「自分の家」というよりもカタログから出てきた既製品のように感じてしまって。どの家もデザインが同じに見えてしまって、心が動かなかったんです。「じゃあイチから家づくりをするしかない」と思い、オリジナルの家づくりができる会社を探し始めました。
まずは大手メーカーさんを訪ねて話を聞き始めました。どこのメーカーさんも大きくて立派なモデルハウスがあったんですが、結局のところ自分たちがグッとくるようなデザインの家がありませんでした。
そこでインターネットで15社ほど資料を取り寄せて、私たちがいちばんグッとくる会社さんをまずは訪ねてみようという方針に切り替えました。そのなかにワイズさんが入っていたんですが、妻も僕もズバ抜けてデザインがいいと感じ、ワイズさんに連絡をとりました。

  • 横浜市 I邸
  • 横浜市 I邸
  • 横浜市 I邸

Q2:どのあたりがズバ抜けてデザインがいいと感じたのでしょうか?ご主人:ホームページで施工例もすべて見て、家の外観が一度見たら忘れられないデザインが多かったのと、タイル貼りの洗面化粧台が「すごいオシャレでいいな」と感じたんです。いろんな会社さんに相談して、既製品の洗面化粧台を提案されることしかなかったのもありますが、ホームページで見たワイズさんのオリジナルの洗面化粧台が特に心に刺さりました。
せっかくゼロから家づくりをするなら、見たときに印象に残るようなデザインの家にしたいと思っていたので「もうこの会社しかない」と妻も僕も感じてワイズさんを訪ねてみました。

Q3:最初に訪問したとき、ワイズにどんなお話をしましたか?ご主人:デザインに関しては「洋風レトロ」が私たちのキーワードになっていました。結婚する前から妻が大事にしていたアンティークの家具があるんですが、そういった家具が置いてあっても違和感がないデザインの家にしたいとお伝えしたと思います。
妻も僕もそういった古くて味わいのあるものが好きなんですが、ホームページでワイズさんの施工例を全般的に見て、アンティークとのマッチングのいい家を建ててくれるのは確信していました。ワイズさんを訪問したときにモデルハウスもじっくり見せていただいたのですが、そのまま自分たちの家に使ってもらいたいデザインがたくさんあったので、ワイズさんのモデルハウスのデザインからそのまま流用した部分もいくつかあります。キッチンや洗面化粧台やリビングのヘリンボーンの壁の部分など、ワイズさんのモデルハウスのデザインを再現してもらいました。

  • 横浜市 I邸
  • 横浜市 I邸
  • 横浜市 I邸

Q4:間取りについては何か話をしましたか?ご主人:いろんな会社さんに相談しているなかで、だいたい私たちの求めている間取りというのはわかっていました。なので間取りについてはそれを表現してもらいました。部屋についてはウォークインクローゼットと、妻が絵などを書くアトリエ兼仕事部屋に少し細かい要望を出しました。ウォークインクローゼットは、私たちの持っている衣類のすべてとさらにそこで着替えもできるようなスペースにしたいとお話しをし、アトリエ兼仕事部屋は本などの資料も多いので、それらがすべて収納できるような部屋にしたいとお話ししました。造作の棚や作業台を作っていただいたのですが、それがかなりいい感じで妻も気にいってます。

Q5:仕様については何か要望しましたか?ご主人:僕の実家がこの近くにあって古い家なんですが、やはり湿気や暑さ寒さが厳しい家でしたので、家としての性能が高い仕様にしたいとお話しをしました。そこでZEH(ゼロエネルギーハウス)という仕様についてはじめて知りました。それまで「太陽光パネルを入れたい」などの話を他の会社さんに相談したときにはZEHについてはまったく話が出てこなかったんです。ZEHの詳細をワイズさんにお聞きして、性能的な部分でそれを叶えるためのワイズさんのこだわりや自信も感じることができ、仕様についても安心してお任せできました。

  • 横浜市 I邸

Q6:外壁のサイディングも雰囲気がいいですね。ご主人:外壁はいろいろなパターンがあって、プランをデザインしていただいてる最後の方に決めました。その頃は妻と近所を散歩しながら、いろんな家の外観を眺めて「ああでもないこうでもない」と話しながらイメージを固めていましたね。最終的にはサイディングにして「色を工夫したらカッコいいんじゃないかな」ということで、現在のデザインになりました。

Q7:照明もいい感じですね。ご主人:さきほどお話しした「洋風レトロ」のキーワードに合うような照明を自分たちで探して取付けました。商品の写真だけだと、この部屋に合うのか不安だったのですが、実際に取付けてみたら想定してた以上に部屋にバッチリ合ったので、すごく盛り上がりました。ワイズさんが私たちの作りたい家のイメージをすごく理解してくれてた結果だと思います。

  • 横浜市 I邸
  • 横浜市 I邸
  • 横浜市 I邸

Q8:素材についてはこだわりましたか?ご主人:ワイズさんのことをもう全面的にセンスを信用してましたので、ワイズさんが提案してくれた素材を「いいですね」とそのまま受け入れてたかんじですね(笑)。
調湿機能が高い点や見た目も質感も気に入っているのが「ほたて漆喰の壁」です。夏に入居したんですが、1ヶ月ぐらいエアコンなしの状態で過ごしたのに、湿度や暑さが気になりませんでした。今年の夏はあれだけジメジメして暑かったのに、やっぱりほたて漆喰の壁の機能はすごいなと感じました。無垢の床も気持ちよくて快適です。

Q9:「センスを信用してる」というのはどんな点でしょうか?ご主人:デザインもそうですが、ワイズさんの持っている知識の引き出しの多さですね。家づくりを進めていくうちにいろんなアイデアが出てきてしまうんですが、突拍子もないことを言い出しても、全部実現できなくてもいい感じにまとめてくれるノウハウを持ってらっしゃるというか(笑)。例えば寝室は元々は天井に照明がひとつだったんですが「ここ間接照明にしたらかっこいいよね」というアイデアが出てきたんです。そしたら、変更して間接照明にするための造作部分を作ってくれたりして。申し訳ないなとは思ってたんですけど(笑)。
あとは、他の会社さんと全然違ったのは見積もりの内訳でした。他の会社さんだと「一式」みたいな項目があるんですが、ワイズさんは細かく内訳が書いてありました。納得できますし、確認するのは大変ですが会社として誠実さを感じました。

  • 横浜市 I邸

Q10:家が完成した後の住み心地や満足度はいかがでしょうか?ご主人:住み心地は今年のあの大変な湿度と暑さのなかだったのに昼間も快適ですし、夜もまったく寝苦しくなかったです。あと、遮音性もかなり高くて家のなかも静かなので驚いています。満足度は100%以上です。直感的にワイズさんに家づくりをお願いしましたが、本当に良かったと思っています。徹底的に考え抜かれた丁寧さをワイズさんの仕事に感じました。細かいことの積み重ねがあるからこそ、ワイズさんの施工例を見たときに私たちは惹きつけられたんだと思います。
実際にワイズさんで家づくりをしてみて、なぜ私たちがワイズさんの家のデザインをホームページで見て直感的にいいと思ったのかが、なんとなくわかった気がします。取材・文章/服部雄一事務所

I邸の施工例を見る