vol.12神奈川県秦野市 K邸

こちらの要望をすべて
叶えてくれてる、無駄がない
プランだったので「もうこれ以上の
ものは出てこないよ」と感じたし、
縁も感じたので、ワイズさんに
お願いすることにしました

秦野市 K邸

Q1:ワイズで家づくりをすることになったきっかけを教えてください。ご主人:まずは土地探しと並行して、展示場で大手の住宅メーカーを回り始めました。
奥様:「ちょっと見てみよっか~」という気軽な気持ちで展示場に行ったんですが、行っちゃうとなんか営業の人がどんどん話を進めてってしまうんですよ。

  • 秦野市 K邸
  • 秦野市 K邸
  • 秦野市 K邸

Q2:グイグイ来ちゃうかんじでしょうか?奥様:そうなんですよね。「まだこの会社で家づくりをするつもりないんだけどな~」と思っても、土地を探してくれちゃったり。かなり営業っぽいかんじで・・・。
ご主人:我々はそういうのが苦手なもので(笑)。
奥様:私も主人もうまくかわすことができないし。その会社にお願いするような素振りを見せて、他の会社でお願いするようなこともできないし。「なんかこのままだとこの会社になっちゃうぞ」と。予算的にも厳しかったし。もっと地域に根付いて、アットホームなかんじの会社で家づくりをお願いした方がいいのかな~と思って、地元の工務店さんをネットで探してみたんです。そしたら、ワイズさんのホームページにヒットして、施工例もあってとてもわかりやすかったんです。お施主さんのインタビューを読んだら「他の会社はすごく営業の電話がかかってくるんだけど、ワイズさんは気になってるのに、電話がかかってこない」というのが書いてあって「この会社ならゆっくり考えさせてくれそうだ」と思ってワイズさんに連絡してみたんです。
ご主人:土地が決まってからワイズさんに行ったんだっけ?
奥様:いや、土地が決まる前にワイズさんにおじゃましたんです。この土地か隣の土地かで迷ってる時で、磯崎さんに相談したら、直接見てくれて「陽当たりもいいし、変形ですが、こちらの土地がいいすよ」とアドバイスいただいて、この土地にしました。

Q3:ワイズ以外にも工務店は回られましたか?ご主人:回ってないんですよ。最初にワイズさんのモデルハウスにおじゃまして、そのモデルハウスのかんじもすごく自然体というか、手づくり感が気に入りました。あとは、土地に合わせて描いてくれた間取りのプランがすごくよく考えられていました。こちらの要望をすべて叶えてくれてる、無駄がないプランだったので「もうこれ以上のものは出てこないよ」と感じたし、縁も感じたので、ワイズさんにお願いすることにしました。
奥様:32,3坪の家なんですが、収納もすごくあるし、無駄なスペースがないので、広く感じるんです。ワイズさんから最初にいただいた間取りから一切変更はしてません。例えば、このキッチンとリビングの間の壁は、キッチンからリビングの様子が見られるようになってるけど、お客さんが来た時に生活感のあるキッチンは見えないようになっています。そういう提案もすでに間取りのプランに盛り込まれていました。主人と展示場を回っている時から、子供にとっていいので「ウッドデッキがあったらいいね」というのを話してたんですが、ウッドデッキのこともちゃんとプランに入れてくれて。
ご主人:外構もワイズさんにお願いしました。

  • 秦野市 K邸
  • 秦野市 K邸
  • 秦野市 K邸

Q4:内装のデザインはどのように決めていきましたか?奥様:自然素材に対するこだわりはなかったんですが、モデルハウスを見て「この感じがいいよね」ってなってたので、そのあたりを汲み取っていただいて、社長の磯崎さんの方から、サンプルをいろいろ提案してくれました。いろいろな選択肢の中からアドバイスをいただきながら、デザインを決めていきました。

Q5:キッチンのデザインと床の自然素材の組み合わせが面白いですね。奥様:このキッチンと同じタイプの木目調のものが、ワイズさんのモデルハウスにあったんですが、我が家はこのストーン調にしました。床が自然素材だったので、あえてそっちの方が面白いと思って。ワイズさんは商品についての知識の幅も広くて、選択肢をいろいろくれるので、それも良かったです。大手で建てた友達に聞くと、注文住宅なんだけど、大手さんだとそういう自由度もあんまりないって聞いてたので。あとはキッチンの後ろの台やテレビの台も造作なんです。ホームページの施工例で造作をされてるのを見て「それもいい!」という感じだったんです。造作であれば、スペースと家具の幅も合わせられるので、見た目にスッキリしますし。ワイズさんは自由度がかなり高いと思います。

Q6:あとこだわった点はどんなところでしょうか?奥様:リビングのレッドシダーの勾配天井ですね。この案も最初の間取りプランからありました。
ご主人:平面図だとあんまりイメージがわかなかったんですが、実際出来上がってみると、かなりいいなと。

  • 秦野市 K邸
  • 秦野市 K邸
  • 秦野市 K邸

Q7:少し別荘的な雰囲気もあって、広く感じますね。奥様:コロナもあって、子供もストレス溜まりやすいはずなんですが、このリビングは走り回れますし、気持ちがいいので助かりました(笑)。
ご主人:洗面化粧台も造作なんですが、使い勝手よく、シンプルで気に入ってます。
奥様:和室もこだわりましたかね。畳だけだと和室の雰囲気が出にくいと思うのですが、壁の素材にもこだわったので、だいぶ和室の雰囲気も出ました。素材も時間が経ってだいぶ馴染んできました。

Q8:入居して半年ほどですが、住み心地はいかがですか?ご主人:満足してます。そんなに広い土地ではないんですが、開放感がありますね。この勾配天井のデザインはやっぱり大きいですよね。全体的に考え抜かれたデザインだと思います。
奥様:勾配天井のファンがあるおかげで、風も通り抜けて涼しいです。床の自然素材も気持ちよくて。家族全員ずっと裸足で過ごしてます。あとはやっぱり収納の作り方の工夫がすごい。階段の下のスペースも有効活用して和室の収納にしてる点など、関心しちゃいます。
私たちが要望したことが、最初にいただいたプランで叶えられていたので、本当にすごいなと思います。満足してます。

  • 秦野市 K邸

取材・文章/服部雄一事務所

K邸の施工例を見る