vol.05茅ヶ崎市 E邸

この土地を持っていた地主さんが
すぐ近所に住んでいるんですが、
建築中に大工さんのことを
めちゃくちゃ褒めてくれて
「すごいしっかりした家が建つと
思うよ」と言ってくれてました

茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸

Q1:ワイズで家づくりをすることになった経緯と理由を教えてください。ご主人:以前別の街に住んでいた時に、茅ヶ崎の“パーク”という場所に遊びに行ったら砂浜が広くて「将来子育てをするのにはいい環境だなぁ」と感じたんです。それで茅ヶ崎に越して来て、しばらくマンションに住んで、思った通り環境が良かったので土地を探し始めました。茅ヶ崎の南側は昔別荘地だったこともあり、静かで雰囲気も良かったので、このあたりを歩いて探したりしながらこの土地を見つけ、家づくりの相談をするのに最初は住宅展示場に行ってみたんです。ハウスメーカーさんで相談をして見積りをとったのですが、自分たちが求めている家を実現させようとすると高すぎるのと、柔軟性の部分で問題があったので一旦考え直して工務店さんに4、5社ほど相談してみました。その1社にワイズさんがあったんです。何社かまわって施工例やお話を聞いて「刺さるものがないな~」と思って、その後にワイズさんにお邪魔しました。施工例も良かったのですが、社長の磯崎さんの人柄がすごく気に入ったんです。

奥様:他の工務店さんが雑だったわけではないのですが、磯崎さんはいちばん丁寧に応対してくれて、すごく距離が近い感覚がありました。「こうしたいんです」とこちら側が言うことに対して「叶えたい」という気持ちがすごく伝わってきたので「もう、ここがいい」と思って決めました。施工例も見た時に「ああ、気を使ってるね」って主人とも話をしていて。ワイズさんだったら自分たちのイメージしている家が一緒に作れそうだなって思ったんです。

  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸

Q2:ワイズに要望した家のコンセプトはどんなものだったのでしょうか?奥様:まず間取りの面ではコミュニケーションを家族がいつもとれることを重視しました。リビングが広いことで、子供が自分の部屋に閉じ籠らないことと、リビングを1階にすることで、玄関に入って1階のリビングを必ず通ってから2階に上がれる間取りにしました。2階の子供部屋も広くありません。私の実家が2階にリビングがあって、1階の自分の部屋はテレビが置けたりするほど広かったので、なんでも自分の部屋で完結してしまう間取りでした。そうするとなかなか家族がリビングに集まらない。。この家も陽当たりのことを考えると2階にリビングがあった方がいいのですが、家族の将来のことを考えてそうしました。

ご主人:間取り以外の面では、木の温かい質感と気密性のある家をイメージしていました。それでイメージのサンプルで集めていた写真を磯崎さんとやり取りし、意思疎通をしながら家のデザインの大枠を決めていったかんじです。間取りのプランはすぐに決まり、細かく部材選びをしていきました。自分たちで部材を調べるのが結構好きで、磯崎さんが提案してくれた部材以外のものも色々と「こういうのも取り付けられますか?」というやり取りをさせていただきました。

  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸

Q3:ご主人と奥様、それぞれ拘った部分はどこですか?ご主人:僕は家を建てるならとにかく「ヘリンボーンの床」には絶対したいと思っていました(笑)。

奥様:私は姉がシカゴに住んでいた時によく遊びに行っていたのですが、アメリカの家ってキッチンや収納も木で作っているんですね。すべてに木を使うことで、アメリカのような温かい家にしたいということに拘りました。

  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸

Q4:ワイズとだったら自分たちのイメージしている家づくりが一緒にできそうだな、と仰ってましたが、実際どうでしたか?奥様:色々提案してくれて、イメージが少し違っていた時も、また考えてきてくれましたし、思った通り何でも言いやすかったです。

ご主人:家が完成するまでがすごい楽しみで、仕事帰りにしょっちゅう現場を見に来てて(笑)それで気になることとかがあると色々質問をしていたんですけども、現場監督をしてくれている石田さんもちゃんと質問に答えてくれて「じゃ、こういうかんじにしてみましょう」とすぐに対応してくれてました。それと、この土地を持っていた地主さんがすぐ近所に住んでいるんですが、建築中に大工さんのことをめちゃくちゃ褒めてくれて「すごいしっかりした家が建つと思うよ」と言ってくれてました。例えばちょっとしたことなんですが清掃をちゃんとできてたりだとか。

奥様:「すごいいい人だよ」ってお隣さんも言ってくれてた通り素晴らしかったです。

ご主人:ちゃんとした大工さんに施工していただいて、ご近所に対して、建てている途中や終わった後のことを考えても、安心でした。建てる直前までは磯崎さんと、建ててる時は現場監督の石田さんを中心に、細かくやり取りさせていただきましたが、すごく要望が言いやすかったです。現場を見てるうちに「やっぱりこうしたい!」ということも臨機応変に対応してくれました。「無理です」と言われたことが一回もなかったですね(笑)。

  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸
  • 茅ヶ崎市 E邸

Q5:完成して住み心地や満足度はいかがですか?ご主人:拘って細かくやり取りもさせていただいたので、部材の組み合わせや色などに関しても、イメージ通りのデザインになりました。全体的に落ち着いている雰囲気なので自分の家に帰って来た時に、温かくて安心した気持ちで寛いでいます。無垢の床は裸足で歩けて気持ちがいいですね。

奥様:拘って作ったので、例えばキッチンの前に建つと「ああ、やっぱりこのタイルにして良かったな」とか、いろいろなところにちょっとずつ幸せを感じたりしています。知り合いが遊びに来てくれた時に「カワイイこれ!」と驚いてくれたりすると、本当に拘ってよかったなって思います。ワイズさんにお願いしてよかった。

ご主人:もし次に家を建てることがあれば、また絶対にワイズさんにお願いしたいと思います。取材・文章/服部雄一事務所