vol.02秦野市 S邸

営業のトークじゃなくて、
本当に住みやすいかんじで、
親身になってくれてるなっていうのを
感じました

秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸

Q1:ワイズで家づくりをすることになった経緯と理由を教えてください。ご主人:アパートを更新することをきっかけにマイホームを探し始めました。最初は中古物件などを見て回ったのですが、見ていくうちにだんだんとこだわりが強くなっていって(笑)。そうすると、いい物件が全然見つからなくて。
奥様:中古や建売だと、思ったよりも部屋数が多いんです。そんなに部屋数は要らないから、ひとつの部屋が広々としている家が欲しいなと思っていました。そうすると、中古や建売だとないんですよね。じゃあ中古や建売を買ってからリフォームしようって考えたとしても、結局高くなっちゃうんですよね。だから、土地から探してみようってなったんです。

  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸

Q2:どんなコンセプトで土地探しを始めたんですか?ご主人:妻と私も、お互いの実家が丘の上にあったんですが、それが辛かったんです(笑)。なので、とにかく駅から歩いて平坦な土地を探しました(笑)。
奥様:それで、「土地いいのがあるぞ」ってなって、ローンの関係で、一カ月以内に見つけなければならない状況で建築会社を探し始めたんです。
ご主人:地元の建築会社が、打ち合わせや相談しやすいよねって話をしながら。
奥様:一応、デザインに強い新宿の会社も考えていたんですが、通うのが大変だったり、素材にこだわるとすごく高くついてしまったりがあったのでやめました。

Q3:なぜ、素材にこだわりたかったんですか?奥様:私が呼吸器系が弱かったので、無垢にこだわりたかったんです。ワイズさんは材木屋さんが隣にあって、木にこだわって家づくりができるなと思ったし、モデルハウスが無垢の木を使っているから、いいなと思ったんです。

  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸

Q4:最初はホームページを見たんですか?奥様:そうですね。建ててる家のかんじもすごい好みでした。だけど、なかなか電話が繋がらなくて(笑)。
ご主人:そうそう。「これで繋がらなかったら諦めよう」って思ってたら繋がったんです(笑)。奥様:すごい急いでたので、最後に繋がってよかった(笑)。
ご主人:話聞いたらね、すごい好みに合ってて。
奥様:いろいろ提示してくれたプランも「いいな」っていうのが多くて。

Q5:プラン作りは、どういう要望を出してたんですか?奥様:土地が狭いので、「狭いけど広く見せたい」ということは希望してました。2LDKなんですけど、そういう風に感じさせないのがいいです。
ご主人:他の会社だとね、そういう提示ができなかったんですよね。
奥様:「やっぱ3くらいあった方がいいんじゃないっすか??」とかね、言われました(笑)。
ご主人:要望がすごい通ったよね。
奥様:「あれもいいんだ」「それもできるの?」っていうかんじで。他の会社だと「うーん」って言われるようなことも通りました。

Q6:間取り以外だと例えば?奥様:「全部無垢にしても、そんなにかからないですよ」とか。「こうすれば、安くなるよ」とか。
ご主人:営業のトークじゃなくて、本当に住みやすいかんじで、親身になってくれてるなっていうのを感じました。
奥様:あと、悩みたい時に悩ませてくれるんですよね。急かしてこない。「じゃあ、この時期くらいまでに決めておきましょう」というかんじでした。

  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸

Q7:ミニマルな感覚が磯﨑さんとも合ってたんじゃないですか?ご主人:同じかんじだよね(笑)。
奥様:そうなんですよね。私も昔から無駄なものがあんまり好きじゃなくて(笑)。飾るだけのモノのために、そのスペースを使うのが「もったいないなぁ」って思ったりしちゃうので(笑)。

Q8:奥様、結構渋い色が好きなんですね。奥様:可愛らしい色とかはあんまり好きじゃないですね。
ご主人:白か黒か茶色かっていうかんじだよね(笑)。
奥様:トイレだけは可愛いんですけどね。

Q9:さわやかだけどシックですね。奥様:普段、見えないところだけは可愛くしちゃってもいいかな、なんて思って(笑)。
ご主人:洗面台は、明るいんですけども、あそこは海っぽいかんじで。
奥様:私、アリエルが好きなんですよね。電器も貝の形にしたりとか、タイルもディズニーシーのマーメイドラグーン的に、さりげなく入れたかったんです。全面に出すとウザいよね、って思って(笑)。

Q10:他の会社と比べて、ワイズの良い点は、さらにありますか?奥様:「趣味が合う」。そこがよかったです。選択肢をくれるんですが、「私はこっちが好きですけどね」っていう「こっち」が、「私もそっちの方が好き」っていうかんじだったんですよね(笑)。「こっちの方が絶対にいいよ!」っていう感じじゃない進め方が良かったです。
ご主人:提案の仕方が上手だと思いました。提案がずれてないんです。ハウスメーカーからの提案はどうしても建売なかんじが強くて。
奥様:「こういう風に売りたいんだろうな~」っていうのをすごく感じちゃうんですよね、ハウスメーカーだと。ワイズさんは「これはこういうメリットがあって、これはこういうデメリットがある」というように、どっちも教えてくれた上で「私はこちらの方がいいと思いますよ」と進めてくれるので、考えやすくて説得力があります。

  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸
  • 秦野市 S邸

Q11:住み始めてからの住み心地はどうでしょう?奥様:以前と変わらずに生活してるというか(笑)。
ご主人:理想通りなかんじです。以前のアパートより倍ぐらいの広さになってると思うんですけど、以前と変わらず生活できてます。
奥様:無理せず生活できてるかなって思います。
ご主人:部屋が明るいのがすごくいいですね。
奥様:アパートがすごく暗かったんです。
ご主人:今は、窓が多くて光がすごく入る。天窓が付いてるし。それは磯﨑さんが提案してくれたんだっけ?
奥様:うん。こういう感じにできますよって言ってくれて。昼間暖かいから、帰ってきたらそんなにヒンヤリしないんですよね。

Q12:お気に入りの場所はどこですか?奥様:キッチンと洗面とか。キッチンは「こういうシンクがいいなぁ」とか「このメーカーのIHがいいなぁ」とか、イメージしてたものをそのまま提案してくれました(笑)。「これですね」って提案してくれたのが、正にイメージしていた「それ」でした(笑)。磯﨑さんはオシャレだし知識もすごいあるので、「こういう風にしたい」と話しをしたら、ピンポイントで「じゃあこれだね」って言ってくれる。
ご主人:感じとってくれるんだよね。

Q13:満足度としては?奥様:うん。
ご主人:高いです。取材・文章/服部雄一事務所