Example 施行事例

メイン画像
物件名
I邸 横浜市
敷地面積
142.05㎡/42.97坪
延床面積
106.54㎡/32.22坪
敷地特徴
旗竿地
構造
2×4 2階建
工事費用
約1,000万円台

コンセプト

不動産会社さんのご紹介で出逢ったI様ご家族は、ご夫婦+お子様2人の家族構成。横浜から何度も当社の見学会に足を運んでいただく中で、「理想の家」を固めていったのでした。コンセプトは「無垢と漆喰を使った自然素材にこだわった家をつくりたい!」となりました。

将来を見据えた家づくり

家づくりのゴールは必ずしも完成ではありません。むしろ完成はスタートです。建築当時、隣接する土地は空き地ながらも、将来的には家が建ってしまうだろう、という予測の元、その際にも充分に「明るい家」が実現される様に、採光計画はかなり綿密に行いました。

こだわりポイント

●「リビングから伸びる木製スケルトン階段」・・・ご家族の出入りが感じられる様にと御要望されたリビング階段は木製スケルトンでご提案。スケルトン仕様とする事で、リビングに窮屈な存在とならない様に配慮しました。


●「造作収納」・・・ご予算の範囲内で「扉」「食器棚」「洗面」など、ほとんどの収納を造作提案する事で雰囲気を統一しました。「雰囲気の統一」って空間を広く見せる上で意外と効果的です♪


●「奥様テイスト」・・・玄関アプローチのデザインは奥様と言っても過言ではないかも知れないくらい、奥様好みの仕様となりました。格子窓ももちろんですが、他にも室内の丸みを持つ「入り口」など、奥様のセンスの良さが光っています♪

「お施主様支給」

こだわりの多いお施主様が多いのは、当社ワイズプロダクトの特徴。こだわりを実現しながらも、質を落とさず、ご予算をクリアするために、色々な工夫が必要となります。「一部をお施主様支給」というのが一つの定番となってきた気がするのは、ある意味必然的な事かも知れません。


今回の家づくりで言えば、リビングの造作ドアに埋め込まれた『ステンドグラス』、『照明器具』などがお施主様支給となりました。

 

 

 

 

 

格子窓をアクセントに♪

Iさんのご要望で実現された、お洒落な格子窓。全ての窓は格子窓で計画する事で、雰囲気ある外観が演出されました。塗り壁との相性が抜群な「白の木製」というチョイスも見逃せないポイントです♪

 

 

 

 

 

 

Example 施行事例

  • 横浜市のカントリースタイルの家。外壁は塗り壁で屋根にはオークリッジを採用
  • 横浜市のカントリースタイルの家。ポーチタイルにテラコッタタイルを採用した玄関
  • 横浜市のカントリースタイルの家。パイン無垢板と漆喰塗り壁を採用し、リビング内階段を設置
  • 横浜市のカントリースタイルの家。パイン無垢板と漆喰塗り壁を採用し、リビング内階段を設置
  • 横浜市のカントリースタイルの家。トップライトを設置した勾配天井はパイン材を採用
  • 横浜市のカントリースタイルの家。床はパイン無垢を、内壁は漆喰塗りを採用
  • 横浜市のカントリースタイルの家。オリジナルドアに杉無垢を採用
  • 横浜市のカントリースタイルの家。WICとアールの下がり壁を採用
  • 横浜市のカントリースタイルの家。オリジナルドアに杉無垢を採用
  • 横浜市のカントリースタイルの家。オリジナルドアにステンドグラスを採用

お問い合わせ

PAGE TOP